産前・産後骨盤矯正

  • ぽっこりお腹やお尻が気になっている
  • 骨盤がゆがんでいる気がする
  • 尿漏れやトイレが近くなった
  • 体重がなかなか落ちない
  • 腰や股関節の痛み、腱鞘炎で体が辛い

産後の女性の体に起きること

骨盤が歪む可能性

妊娠をすると、女性の体内では赤ちゃんを安全に育てて、無事に出産をするために準備が始まります。
出産予定日の3カ月ぐらい前から、胎盤から「リラキシン」というホルモンが大量に分泌され、靭帯がゆるんだり、骨盤が広がりやすくなるのです。
この骨盤を歪ませる原因である「リラキシン」の効果は、産後1~3カ月ほどで消えます。 そうすると、開ききったり、歪んだ骨盤が定着してしまい、腰痛、尿漏れ、股関節の痛み、腱鞘炎、産後太りといった不調を引き起こしてしまいます。

マタニティの場合

施術妊娠中の方は、特に肩こり、頭痛、腰痛などにたくさんの方が悩まされやすいです。
他にも、出産に対するストレスを感じて、身体に不調として影響されている場合も多いです。時には、歪んだ骨盤により苦しい出産となる場合もあります。

産後の女性の場合

施術産後の方は、出産後の育児もあるので、特に子育ての忙しさがプラスされ、腱鞘炎や腰痛、股関節の痛み(恥骨痛)を感じる方が多いです。
また、産後に開いた骨盤が戻らず、下半身周りに脂肪がついてぽっこりお腹になってしまったり、尿漏れに悩まされる方も沢山おられます。妊娠中、運動不足で腹筋の筋肉が落ちてしまったこともあり、反り腰になって、慢性腰痛に発展することもあります。

骨盤矯正はいつ頃するべき?

施術産前の方は、いつでもお越しいただけます。
妊娠中に骨盤矯正で歪みを整えることにより、腰や肩の痛みを改善に導いたり、逆子を防止したり、リラックスして頂くことにより不調を取り除いて、安全に出産に臨んでいきます。

産後の方は、産後1週間~3カ月の骨盤矯正を薦めています。理由は、骨盤が緩んでいる時期は遅い方で~出産三カ月目までだからです。時期を過ぎると、ホルモンで緩んだ骨盤は固定に向かっていきます。緩んでいるこの時期にしっかり施術することで、矯正しやすく効果を得やすいのです。

もちろん、矯正しやすいというだけで、三カ月過ぎてからも施術することは可能ですのでご安心下さい。
マタニティの頃から骨盤矯正を行うことで、付加価値や、産後すぐの正しい過ごし方のアドバイスもできますので、産前~産後トータルで矯正することは、大変おすすめです。

当院の産後骨盤矯正(+マタニティ)

骨盤矯正の機器当院の産前、産後の骨盤矯正は、アクチベーターという骨盤矯正機器と手技をつかって行います。これは体への負担が少ないですので、ボキボキしたりしない、妊婦でも受けられるような優しい施術です。
電気等、妊婦の方にNGの施術は行っておりません。

また、産後の方は、ベビーカーごと入れるスペースが院内にはありますので、赤ちゃんも一緒にご来院いただき、隣で寝かせられます。

ご自宅でできる簡単なストレッチや、その人自身の体力に合わせた内容をお教えしていますので無理せず、痛みの解消に向かえます。

産後の方の施術回数の目安

産後骨盤矯正の来院ペース

1回~でも矯正を受けていただけますが、骨盤の良い状態を定着するために8回通って頂き、しっかり良い骨盤の状態を維持することを薦めております。歪みがひどい方は、もう少し矯正が必要になります。
8回、16回の回数券をご用意しており、EMS(腹筋を鍛える電気機器 ダイエット効果があります)とウォーターベッドもサービスしております。

マタニティの方は、回数券を産後リセットプログラムの施術券として引き続きご利用いただけます。→回数券はこちら

※マタニティの方にはEMS(電気治療)は行えませんので
産後でのサービスとなります。